タケモトピアノのCMはいつからあるの?誕生秘話もあわせて紹介!

テレビ番組
スポンサーリンク

「もっと、も〜と、タケモット〜♪」でおなじみのタケモトピアノのCM

時代によって変わるのが当たり前なテレビCM

しかし、タケモトピアノの現CMは、2000年から放送されて以来、ほぼ変わることなく同じCMを流し続けました。

今回は「タケモトピアノのCMはいつからあるの?誕生秘話もあわせて紹介!」と題してお送りしていきます。

どうぞ最後までご覧ください!

Sponsored Links

タケモトピアノのCMはいつからあるの?

タケモトピアノCM『みんなまあるく』篇

軽快な音楽に、財津一郎さんの歌声が響き渡るCMには覚えがあると思います。

このCMは2000年から放送されていますが、最初のCMは1997年から存在しています。

旧バージョンのCMはこちら

タケモトピアノ 旧CM

こちらのCMは見てみてもピンときませんね。

実はタケモトピアノのCM、今のバージョンになるまで6本作られています。

中古のピアノを集めたいということでCM制作をしますが、なかなか上手くいきません。

社運をかけたCMを作るため、メロディーはプロの作曲家に依頼
歌詞はPR事業を担当してきた北川勝利さんが担当することになりました。

誕生秘話もあわせて紹介!

「社名を生かした歌詞を作ってくれ」

これが当時の依頼内容でしたが、北川さんはアイデアが浮かばず悩んでいました。

北川さんが余りに悩んでいたので、むしろ「社名を変えようか?」と社長の竹本さんから、声を掛けられるほどだったらしいのです。

1ヶ月程悩み、通勤途中のホテルのロビーで休憩していたところ、ふと歌詞が湧いてきたそうです。

「もっと!もっと!たけもっと」

まさに社長のお題に答えた歌詞といえます。

赤ちゃんが泣き止むCM

タケモトピアノのCMは数々の偉業を成し遂げています
その中の一つが、タケモトピアノのCMは「赤ちゃんが泣き止む」というものです。
これはテレビ番組「探偵ナイトスクープ」で取り上げられました。

■赤ちゃんが泣き止む理由
1.音階が大きく上下し、赤ちゃんの興味を惹きつける
音がランダムで、曲調が変わることから、飽きられ

2.財津一郎の声が心地いい
財津一郎の声の周波数は440Mhz
これは赤ちゃんが心地良いと感じる周波数なんだそうです。

このことから、タケモトピアノのCMは子育てマガジンのひよこクラブで、赤ちゃんの好きな歌1位を獲得しています。

関連グッズの販売

なにかと話題になるタケモトピアノのCM

当初は反響が大きく、CMのビデオを売ってくれという話が殺到しました。

そして2003年09月25日に発売

■収録曲
タケモトピアノの歌もっともっと・みんなまあるく繰り返し30分
タケモトピアノの歌もっともっと・みんなまあるく30秒

一企業のCMソングがオリコンチャートインするという異形を成し遂げています。

さいごに

「タケモトピアノのCMはいつからあるの?誕生秘話もあわせて紹介!」と題してお送りしてきました。

1997年からCMがスタート

現在の形になるまで、6本のCMを作成するも不発に終わります。

2000年に現在の7本目が誕生!

このCMソングがヒットし、タケモトピアノは一躍有名となりました!

社名を変えることまで検討されたCM

今では20年以上愛される存在となっていますね。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました