ソフトテニスにおける前衛の役割は?前衛に向いている人はどんな人?

テニス
スポンサーリンク

皆さま
こんにちは。

管理人のURAKENです。

練習してしばらくすると、前衛、後衛と自分のポジションが決まってきます。

後衛とは違い、ネットの近くでプレーをするので、相手の鋭い打球を間近で対応することになります。

慣れるまでは結構怖い。

そんなわけで、今回はソフトテニスのポジションのお話、『前衛のススメ』となります。

Sponsored Links

ソフトテニスにおける前衛の役割は?

以前の記事で後衛の役割について話をしてみましたが、今回は前衛です。

前衛は名前の通り前でお仕事する人です。
前=ネット間際です。

そんな前衛の仕事は3つ

①点を取りにいく

点を取りに行くとはどういうことか?
後衛は基本的にストロークしか打つことがありません。

対して前衛はストロークだけではなく、ボレー、スマッシュなど、状況によって打ち方が変わります。

相手が高めに打ってきた打球を、スマッシュでコートに叩き込む

一瞬の判断で飛び出し、ボレーを決める

後衛と比較するとやることは多いのです。
しかし、ボールに触る時間は圧倒的に少ない。

前衛がボールに触れるということは、点が入る確率が高いからです。後衛同士のラリーのように打ち合うことはありません。

前衛に打たれたら、よっぽど上手くいかないと後衛は拾えません。

まさに最前線で戦う攻撃特化の人間です。

②相手にプレッシャーをかける

ソフトテニスは基本、後衛同士のラリーがゲームの大半を締めます。では、ラリーの間に前衛は何をしているのか?

ボケっとしてるように見えて、ちゃんと仕事はしています。

『ボレー行くよ!今クロスに打ったら俺ボレーに行っちゃうよ!』という雰囲気を出す。体重を片側に寄せてみたり、半歩移動してみたりします。

相手後衛は前衛を意識していますから、避けようと無理なショットを打つ。

そうすることにより、相手がミスが増えたり、打球が甘くなり、ボレーやスマッシュが打てます。
後衛にも強い打球がいかないので助けになります。

慣れるまでは動きがバレ易いので、最初は割り切って経験を積みましょう。

③コースを塞ぐ

後衛は前衛のいるところにボールは打ちません。
つまり、前衛の立ち位置で相手後衛のコースを絞ることが出来ます。

もちろんコースが絞れれば、自軍の後衛も走り回って体力を無くすことがありません。
ボールに触れることなく相手を制するのが3つ目の仕事です。

向いている人はどんな人?

では、前衛に向いている人はどんな人でしょうか?

①身長が高いこと

身体的なことをいうのであれば、身長が高いほうが有利です。スマッシュの打点が高くなれば、相手後衛も中途半端なロブが打てません。

相手は山なりの打球を打てば、着地に時間がかかるので、味方後衛は余裕になります。

背が高い。それだけで相手にプレッシャーを与えられます。

私は中学時代に20cm以上身長が伸びたため、後衛から前衛に転身しました。

もちろん高身長=前衛ではありませんが、有利であることは否定出来ません。

②ミスを恐れず、速球に腰が引かない度胸

ネット間近でプレーをするので、必然的にボールは常に顔の辺りを行ったり来たり。ボレーを打つ時は、顔の前にラケットを構えて叩き込みます。

そのため、ボールにビビらない度胸が必須。
最初は怖くても毎日やっていれば不思議となれます。

また、前衛にミスは付き物なので、切り替えが素早く出来ることも大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
前衛としてプレーする自分はイメージ出来ましたか?

前衛の役割は得点を決め、相手にプレッシャーを与え、ボールに触らず相手の思考を支配すること。

向いている人は背が高く、度胸あふれる近接戦闘タイプ
絶対に引かない気持ちが必要になります。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました