ジェローム・シュシャン(ゴディバ社長)の経歴は?年収も調査!

社長
スポンサーリンク

ゴディバといえば、高級チョコレートとして有名ですね。

最近ではコンビニでの販売など、新たな取組で売上を上げています。

今回はゴディバジャパンの売上を3倍にした経営者の紹介。

「ジェローム・シュシャン(ゴディバ社長)の経歴は?年収も調査!」と題してお送り致しますので、最後までご覧ください。

Sponsored Links

ジェローム・シュシャン(ゴディバ社長)の経歴は?

誕生年:1961年
出身:フランス・パリ
学歴:HEC Paris経営大学院卒業
職業:ゴディバ ジャパン株式会社・代表取締役社長

学生時代

■1983年〜1984年
HEC Paris経営大学院卒業
在学中、「禅」の心を学びたいということで日本旅行。
通常のツアーなどではなく、ヒッチハイクで目的地の永平寺へ向かいます。

永平寺は福井県吉田郡永平寺町にあるお寺。
外国でヒッチハイクをして目的地に向かう行動力は、凄いとしかいいようがありません!

道中、さまざまな人と出会い、永平寺で修行をしたジェローム・シュシャンさん
日本旅行の思い出を元に、論文書いて雑誌に応募したところ優勝します。

優勝の景品として、日本旅行がプレゼントされ、再日を果たします。

社会人時代

■1985年
メレリオ・ディ・メレーに入社
1613年に創業したパリの老舗宝石商です。

宝石に興味があったわけではなく、日本法人の立ち上げスタッフを募集していたことが、志望動機でした。

■1989年
モネ・ド・パリに転職(フランス国立造幣局)

■1999年
株式会社ラコステの北アジアディレクターに就任

■2002年
ヘネシー(フランス西部のコニャック地方で生産されてる高級ブランデー)で日本担当ビジネス開発ディレクターを担当

■2005年
リヤドロジャパンの代表取締役に就任
五月人形が大ヒットし、売上が4割増加

■2010年
ゴディバジャパンの代表取締役に就任

「お客様にハピネスを届ける」という理念を元に、経営を行います。
根底には弓道の精神「正射必中」という考え方。

「これは正しい射法で射られた矢は、必ずあたる」という意味です。

業績や売上に固執するのではなく、もっと大切なことに集中すれば、結果は付いてくるという教え!

その結果、2015年までの5年間で売上を2倍に
2017年には3倍まで売上を伸ばします。

成功を掴む言葉として、以下のような言葉を残しています。

●的ばかり考えると他のことが見えない
●お客さまは常に新しいものを求める
●雑念は良くないと認識することがステップワン
●日本人は夢が足りない
●スピードとクリエイティビティが勝つ
引用:ビッグインタビューズ No.151「ジェローム・シュシャン」より
http://www.biginterviews.jp/dvd/00587.html

年収もあわせて調査!

続いては年収を調べていきましょう

ゴディバジャパンはベルギーのGODIVA100%出資の会社。
非上場企業のため、役員報酬からの推定算出は出来ないため、近しい売上を持つ会社から算出します。

ゴディバジャパンの売上は約400億円と言われています。
お菓子メーカーで売上400億の企業は「寿スピリッツ」

寿スピリッツの2019年3月期は約400億円の売上があります。
有価証券報告書に記載のある役員報酬を見てみると取締役は1億と80万円

同じ売上規模の役員報酬として考えると、ジェローム・シュシャンさんも1億以上の報酬をもらっている可能性は高いと思われます。

さいごに

「ジェローム・シュシャン(ゴディバ社長)の経歴は?年収も調査!」と題してお送りしていきました。

シュシャンさんはフランス・パリ出身
学生時代の旅行で日本に興味を持ち、数々の転職を繰り返しながらゴディバ社長に就任した経歴の持ち主

7年間で売上を3倍に伸ばし、年収は1億以上あると考えられます。

今後も新しいアイデアで、美味しいチョコレートを世に広めて欲しいですね。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました