池森賢二(ファンケル創業者)の学歴や経歴は?起業のキッカケも調査

社長
スポンサーリンク

今や生活に欠かすことが出来ない基礎化粧品

普段からお世話になっている方も多いですよね?

今回紹介させて頂くのは化粧品メーカーのファンケル創業者である池森賢二さん

どのような学歴・経歴の持ち主で、なにがキッカケで起業したのか?

「池森賢二(ファンケル創業者)の学歴や経歴は?起業のキッカケも調査」と題してお送りしていきますので、どうぞ最後までご覧ください。

Sponsored Links

池森賢二(ファンケル創業者)の学歴や経歴は?

まずは池森賢二さんの学歴や経歴を見ていきましょう。

名前:池森 賢二(イケモリ ケンジ)
誕生年:1937年
生まれ:三重県伊勢市出身
出身大学:産能短期大学中退
趣味:ゴルフ
特技:カラオケ
座右の銘:人間大好き

池森賢二さんは1937年に三重県に生を受けます。

2年後の1939年には第二次世界大戦が勃発。

1945年には戦争が原因で食料や物資などが不足し、母方の実家がある新潟の山村に身を寄せることとなります。

翌年の1946年には電気技師である父親が死去
雨風が吹き荒れる夜に、不慮の事故でなくなられたそうです。

一家の大黒柱を失った池森さん一家。

5人の子供を食べさせるため、池森さんの母親は、農作業や編み物など、出来る仕事はなんでも行い、働き詰めの毎日。

されど生活は一向に楽にならず。

新潟での生活に限界を感じていた池森さんの母親は、見切りを付け、上京を決意したそうです。

しかし、5人の子供全員連れて行くことが出来時ず、池森賢二さんは2つ下の弟と一緒に、親戚の家に預けられます。

中学三年になるころ、ようやく母親から呼ばれ、池森さんも上京を果たします。

終戦後は、疎開で親戚に預けられた方も多いといいますが、池森さん一家も例外ではないみたいですね。

中学卒業後は、パン屋での住み込み生活を開始。
朝から夜まで働き、仕事が終わると定時制の学校に通います。

更に、時間を見つけては講道館で柔道の練習

仕事に勉学、柔道と、幼少期から忙しい日々を送り、全てをこなすために、池森さんは睡眠時間を3時間程まで削っていたそうです。

成功の秘訣を垣間見た気がします。

転職と倒産

1959年には結婚。
この結婚を機に、奥さんの実家である小田原に移住し、小田原ガスへ転職します。

小田原ガスではプロパン部、営業部、経理部を渡り歩き、必要であれば国家資格を取得するなど、池森さんは約15年間、仕事に精を出します。

1974年には雑貨を扱う会社を設立

このとき共同出資者が17人いましたが、全員が役員ということで意見がまとまらず倒産。
まさに船頭多くして船山に登るという状況でした。

個人保証をしていた池森さんには2千4百万という莫大な借金が残り、多くの人に負担をかけてしまったことを反省。

従業員が露頭に迷うことがないように、先手をうった経営をするというのが池森さんの経営方針となりました。

今では大成功を収めたとされる池森賢二でも、最初から成功していたわけではなく、失敗から学んだんですね。

池森さんは倒産後、借金返済のために兄弟が経営するクリーニング店に就職。
がむしゃらに働くことで、多額の借金を2年で返済してしまいます。

池森賢二(ファンケル創業者)の起業のキッカケも調査

ある日池森さんが奥さんの顔を見てみると、顔に吹き出物が・・・。
化粧品が原因で、肌トラブルを起こしてたようなのです。

1970年代「化粧品公害」で肌トラブルが社会問題に。

化粧水などの痛みやすい商品を長持ちさせるため、防腐剤や殺菌剤など、様々な添加物が使われていました。

添加物を入れない化粧水やクリームは、一ヶ月も持たないため、添加物ありきの商品が当たり前のように店頭に並んでいました。

この添加物に対し、多くの方がアレルギー反応を示し、肌トラブルとなったわけです。

化粧品の知識のない池森さんは「1週間で使い切れる量を、無添加で作ればいい」と、化粧水の製造技術者に依頼します。

完成した化粧水を奥さんに使用したところ、アレルギー反応は起きませんでした。
同じ症状で悩んでいた奥さんの友人にも使用したところ、アレルギー反応は出ず。

口コミで評判は伝わり、「欲しい」という声が上がり始めます。

これはイケると確信した池森さん
21万円という少ない資金からスタートし、事業を拡大していきました。

奥さんの肌トラブルを何とかしたい!
その一心が今のファンケルを作るキッカケになりました。

さいごに

今回は「池森賢二(ファンケル創業者)の学歴や経歴は?起業のキッカケも調査」と題してお送りしました。

池森さんの学歴は産能短期大学を中退。

パン職人、ガス会社のサラリーマン、事業の倒産などを経てファンケルを作り上げます。

奥さんの肌トラブルをどうにかしたい!
この社会課題を解決したい!

そんな気持ちがファンケル設立のキッカケになりました。

今後も常識に囚われない経営方針で、世の課題を解決して頂きたいですね。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました