タピオカ離婚の意味は?有吉やゲッターズ飯田の予測が的中!

ニュース
スポンサーリンク

“バラエティー界の美女と野獣”として有名なフジモン(藤本敏史/49歳)と、ユッキーナ(木下優樹菜/32歳)が離婚されたとの報道が、巷をお賑わせていますね。

特にユッキーナは、姉が務めるタピオカ店とのやりとりが大きく取り沙汰され、11月から活動を自粛しています。

そんなほとぼりが冷めやらぬ中での離婚騒動。

世間では『タピオカ離婚』と言われています。

今回は『タピオカ離婚の意味は?有吉やゲッターズ飯田の予測が的中!』と題してお送りしていきます。

どうぞ最後までご覧ください。

タピオカ離婚の意味は?

ユッキーナ×タピオカといえば、多くの人が2019年10月9日に起きた騒動を思い浮かべると思います。

ユッキーナが、姉の働くタピオカ店の店長を恫喝したという出来事。

今回のタピオカ離婚は、この騒動が原因で離婚したのではないか?

というところから来ているみたいですね。

離婚の原因は?

離婚原因は本当にタピオカ騒動なのか?

ニュースを見てみると違うことが分かりました。

 「実は1年ほど前から別居が続いていた。これまでも衝突することはあったけど、大きなきっかけはケンカ。藤本さんが強い調子で木下さんを怒った。それ以降、関係が悪くなって一緒に暮らすことができなくなった」(知人)

引用:yahooニュースより一部抜粋

2010年の結婚からもうすぐ10年というところでの離婚騒動。

芸能界のおしどり夫婦として有名でしたが、実際にはマンション内で別居状態の生活をしていたようです。

離婚の原因は『お互いの芸能生活や、すれ違いや生活のズレが原因』と双方発表しています。

一部では、タピオカ騒動のときにフジモンが謝罪に同行したと報道がありました。
パートナーを助けるいい夫であり、夫婦の仲は良好だと思っていいただけに、衝撃を隠しきれません。

このタピオカ騒動の一件が最後のダメ押しになったのかもしれませんね。

有吉やゲッターズ飯田の予測が的中!

なんと今回のタピオカ離婚を、見事予想していた人が2人。

1人目は毒舌で有名な『有吉弘行』
2人目は占い師の『ゲッターズ飯田』

この二人がタピオカ離婚を予想していました。

それでは、一人ずつ見ていきましょう。

有吉弘行の離婚予測

2017年の放送なので2年前となりますが、人気番組『クイズ正解は一年後』の発表で、有吉がフジモンとユッキーナが離婚と予言。

しかもユッキーナのことを木下容疑者と書いてあるところは、まるで未来を覗いてきたかのような書き方です。

ここままドンピシャだと怖くなりますね・・・。

ゲッターズ飯田の離婚予測

2019年12月27日に放送された『蛍原x大輔xフジモン ほとバス~小京都・金沢で多数決旅~』でのロケ企画。

ゲッターズ飯田がフジモン未来を占ったところ次のような結果に・・・。

1.2020年は色々なものを失う
2.仲良くしていた仲間・スタッフが離れていく
3.更には裏切られる

という内容のでした。

離婚発表が2019年の大晦日のため、1日早いが誤差の範囲。
ほぼ2020年。

見事にパートナーを失ってしまいました。

今回放送されていた『ほとバスは、仲の良い三人組が旅をするという内容。
2番の『仲良くしていた仲間・スタッフが離れていく』は笑えない予想ですね。

さいごに

『タピオカ離婚の意味は?有吉やゲッターズ飯田の予測が的中!』と題して送りしてきました。

タピオカ離婚とはタピオカ騒動がキッカケに離婚したと考えられた造語。

実際には夫婦生活にすれ違いがあったことが離婚の原因となります。

離婚については、有吉は2年前に、ゲッターズ飯田は直前で予言していました。

全ての騒動が収まったわけではないので、今後の展開も気になりますね。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました