プールマスクマンの値段や購入方法は?口コミや評価も気になる!

ニュース
スポンサーリンク

新型コロナの影響で、外出時の必須アイテムとなったマスク

普段の生活はもちろん、ジョギングなどの運動時にも着用することが推奨されていますね。

最近では、プールで使えるマスク、プールマスクマンが発売されました。

息継ぎはどうやるのか?個人でも購入することが出来るのか?

気になったので調べてみました。

今回は「プールマスクマンの値段や購入方法は?口コミや評価も気になる!」と題してお送りしていきます。

どうぞ最後までご覧ください。

Sponsored Links

プールマスクマンの値段や購入方法は?

プールマスクマンの値段は1セット10枚が通常価格29,800円(税抜・送料別)

コチラの公式サイトから購入可能です。

キャンペーン期間中なら、10枚セットが5,000円引きされ、24,800円で購入することが出来ます。

10枚も必要ない、個人で1枚買ってみたいという方向けに、1枚2,980円(税抜・送料別)で購入することも出来ます。

また、導入を検討している学校や、プール設備には、無料サンプルを送ってもらうことが出来るみたいですね。

誰でも購入出来るの?

法人・個人問わず、どなたでも購入出来るようですね。

しかし、プールマスクマンはプロの水泳指導者向け商品となっているため、指導者以外の使用は推奨されていません。

理由はこちら↓↓↓

水泳が不得意なお子様、水泳が得意な大人の方、全てにおいて一般の方がプールの中で使用することは推奨しておりません。

プールから浮上した際に息をするにはコツが必要なため、慣れていない人は呼吸困難となり、パニックになり溺れてしまう、そのような事故に繋がる可能性も少なからずございます。

あくまでもプロの水泳指導者用のアイテムとなりますので、プロの水泳指導者以外の方がプールの中でご利用いただくのはご遠慮いただきますようお願い致します。

引用:株式会社Rockin’Pool公式ページより

口を覆う商品の特性上、訓練された方以外が使うと、呼吸困難になる可能性があるからだそうです。

個人で使用するとしたら、子供用プールで親が利用するくらいしか、シーンが思い浮かびません。

どんな会社が販売している?

販売元の会社は東京都台東区にある、株式会社Rockin’Poolという会社です。

2015年に設立され、プールの中をもっと魅力的にすることを目的とした会社なんだそうです。

プールVRやプールエクササイズボード「Poolno」など、とてもユニークな商品を提供しています。

【Poolno】プールエクササイズボード《プールノ》PV

プールの上で使うボード

この発想はありませんでした(笑)

不安定な水場の上で行うから効果は高そうです。

水の音がリラックス効果生みそうで、試してみたくなりました!

プールマスクマンの口コミや評価も気になる!

続いてはネット上の口コミや評価を見ていきましょう!

否定・肯定の意見を順番に見ていきます。

否定的なコメント

否定的なコメントを見てみると、窒息しないか?や必要性がない!という意見がありました。

プール内は塩素で消毒されてため、マスク不要と考えている方もいるみたいですね。

口元が塞がれ、呼吸が出来るか心配という口コミも分かる気もしますが、あくまで指導者用なので、子供の使用は想定されていうませんね。

プールマスクマンというより、「何をするにもマスクをつければいい」という発想に、拒否反応を示す方もいらっしゃるようです。

肯定的なコメント

https://twitter.com/shigesandesu/status/1269448200546467846

プールマスクマンを導入して良かったという意見がいくつも見られました。

飛沫を危惧して大きな声を出せなかったり、生徒に無闇に近づけないという問題が解決出来たことが評価に繋がっているみたいですね。

子供を預ける親の心境から見ても、対策を講じている施設の方が安心出来ます。

実際にプール施設の関係者から感謝のコメントもありました。

プールマスクマンは水泳指導者用で開発されていますが、介護事業で「入居者をお風呂に入れるときにも使えそう」という口コミもありました。

水回りでマスクが濡れる場面では、プールマスクマンが活躍出来そうです!

さいごに

「プールマスクマンの値段や購入方法は?口コミや評価も気になる!」と題してお送りしてきました。

プールマスクマンは公式ページから購入可能

個人向けの1〜10枚セットまで販売しています。

あくまでもプロの水泳指導者用なので、プールで子供に使わせたり、大人が公共のプール施設で使うためのものではありません。

購入時はお気をつけください!

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました