竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の経歴は?暗闇の魔術師の実力も調査

人物
スポンサーリンク

日々の生活において電気って便利ですよね。

電気があるおかげで夜も快適に過ごせます。

今回紹介させて頂くのは、明るさとは正反対の暗闇を映し出すカメラマン。
暗闇の魔術師といわれる竹本宗一郎さんの記事になります。

竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の経歴は?暗闇の魔術師の実力も調査』と題しましてお送り致します。

どうぞ最後までご覧ください。

Sponsored Links

竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の経歴は?

名前:竹本 宗一郎(タケモト ソウイチロウ)
生年月日:1968年
出身:東京都
出身大学:大阪芸術大学(芸術学部・映像専攻)
所属会社:株式会社ゼロ
職業:代表取締役・ナイトカメラマン
会社所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-14 M403
会社番号:042-229-7475

竹本宗一郎さんは1968年に東京都で生まれます。

幼少期、天体観測と称して夜遊びをしていたところ、ホタルに遭遇。

暗闇の中で佇ずむホタルを見たとき、竹本宗一郎さんは闇の奥にある美学を意識したそうです。

真っ暗闇の中で光るホタルって本当に幻想的ですよね。
昔と違って、今ではめっきり見ることが出来なくなりました。

高校卒業後は、大阪芸術大学で映像を専攻。
就職はプラネタリウムメーカーの大手である五藤光学研究所に入社。

五藤光学研究所は、プラネタリウム機や大型望遠鏡の製造など行っていますが、竹本宗一郎さんはプラネタリウムの番組コンテンツ企画・制作を担当していたみたいですね。

1997年に五藤光学研究所を退社して独立。

立ち上げた株式会社ゼロは、超高画素撮影・超高感度撮影やナイトタイムラプスコンテンツ制作、TV・CM等の企画・制作・特殊撮影などの映像を使ったコンテンツの提供や、プラネタリウム関係の書物の出版なども行っています。

最終納品先もホームページで確認するとamazonやNTTドコモなど、名だたる企業が名を連ねています。
信頼が高い会社なのが分かりますね。

それにしても、暗闇に特化したカメラマンという響きが、かなり特徴的です。
暗がりで写真撮影している姿を想像すると、完全に怪しい人です(笑)

しかも、暗がりに溶け込むため、黒い服しか着ないそうです。
まさに現代の黒子とも言えます(笑)

今ではすっかり『暗闇の魔術師』という呼び名が定着。

世界各地の絶景をし続けながら、色々なメーカーと協力して商品開発にも携わっているようです。

暗闇の魔術師の実力も調査

続いては暗闇の魔術師といわれる竹本宗一郎さんの写真や実力を見ていきましょう。

玄光社MOOK「ナイトタイムラプス撮影テクニック」案内ムービー

昼から夜に移り変わる映像は、まるで世界が変わるように見えます。
雷雲が流れる映像は、雲が無くなるまでのシーンが非常に印象的ですね。

まさに息を飲む美しさ。

竹本宗一郎さんは執筆もされています。
ナイトタイムラプス撮影テクニック』というタイトルで、タイムラプスに必要な機材やカメラの基本操作などを紹介しています。

高層ホテルや極寒の北極圏で撮影シーンを狙ったり、かなり幅広いシーンに対応した内容になっているみたいです。
ナイトタイムラプスを始めようとして、既に購入済みの方も多そうですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の経歴は?暗闇の魔術師の実力も調査と題しまして、お送り致しました。

竹本宗一郎さんは1968年の東京生まれ。
大阪芸術大学卒業後は五藤光学研究所に入社。

その後は独立し、株式会社ゼロを設立。
名だたる企業へ商品を納品しています。

暗闇の魔術師といわれるほど暗がりの写真に精通し、本も出版しています。

今後も暗がりで見られる美しい作品を世に出して欲しいですね。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました