中西進(令和)の経歴や学歴などを調査!結婚して妻や子供もいるの?

人物
スポンサーリンク

皆さん
こんにちは。

元号が代わり、新しい時代も日々過ぎ去っていきますね。

今回紹介させて頂くのは新元号の『令和』の考案者と言われる中西進さんです。
どのような学歴で、どんな経歴の持ち主なのか?

中西進(令和)の経歴や学歴などを調査!結婚して妻や子供もいるの?と題しましてお送り致します。

どうぞ最後までご覧ください。

Sponsored Links

中西進(令和)の経歴や学歴などを調査!

まずは中西進さんの経歴やプロフィールをみていきましょう。

名前:中西 進(ナカニシ ススム)
生年月日:1929年8月21日
出身:東京府(現東京都)
出身中学:東京都立武蔵中学校
出身高校:広島大学附属高等学校
出身大学:東京大学

東京府で生まれ、広島大学附属高等学校を卒業し、東京大学に進学。
東京大学を卒業すると、就職ではなく、東京大学大学院に進学します。

さすが令和の考案者と言われるだけあって、高い学歴を持っていますね。

卒業後は東京学芸大学附属高校の教師として活躍。

1970年
成城大学で文芸学部の教授に就任
プリンストン大学で客員教授を兼任

1984年
筑波大学で歴史人類学系の教授に就任

1987年
国際日本文化研究センターで教授に就任
トロント大学の客員教授を兼任

1995年
帝塚山学院大学で教授に就任
国際理解研究所の所長にも就任

京都大学・大阪大学・神戸大学と名だたる大学の客員教授を兼任しています。
その数はなんと20校以上・・・。

日本で最高峰の大学を卒業し、卒業後の経歴も圧倒的な経歴です。

中西進さんは文学を専門にしており、日本文学や比較文学、万葉学などの研究に従事。
今では万葉集研究の第一人者として多くの方に知られています。

万葉集関連の書籍の出版や編集などにも携わっていて、読売文学賞や大佛次郎賞の受賞歴もありますね。

更には、小学生に万葉集の魅力を伝えるために、「万葉みらい塾」を開催し全国の小学校を訪問。

次の世代に万葉集を伝える活動は、まさに万葉集の伝道師といえますね。

結婚して妻や子供もいるの?

続いては、中西進さんの結婚歴や妻や子供などの家庭環境を見ていきましょう。

調べてみると中西進さんは、3度の結婚歴があり、子供は4人授かったみたいです。

離婚の内容は色々と噂されていますが、明確な情報源は見つかりませんでした。

それにしても、3人の方と結婚するとなると、やはり中西進さんは、魅力的な人物であることが想像出来ますね。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

中西進(令和)の経歴や学歴などを調査!結婚して妻や子供もいるの?と題しましてお送り致しました。

中西進さんは東京府出身で東京大学出身
万葉集の第一人者として有名であり、読売文学賞や大佛次郎賞の受賞歴もあります。

今までで3度の結婚を歴て、4人の子供を授かったと言われています。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました