村雨辰剛(筋肉体操)の身長・体重や経歴は?結婚して家族はいるの?

人物
スポンサーリンク

皆さん
こんにちは。

村雨辰剛さんといえば、筋肉体操で一躍有名になりましたね。
庭師という変わった経歴の持ち主でもあり、その甘いマスクと肉体美からファンになった方も多いのではないのでしょうか。

今回は『村雨辰剛(筋肉体操)の身長・体重や経歴は?結婚して家族はいるの?』と題しまして。お送り致します。

どうぞ最後までご覧ください。

村雨辰剛(筋肉体操)の身長・体重や経歴は?

まずは村雨辰剛さんの経歴やプロフィールから見ていきましょう。

名前:村雨 辰剛(ムラサメ タツマサ)
名前(帰化前):ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク
出身地:スウェーデン
身長:182㎝
体重:不明
スリーサイズ:B.101W.78H.96
生年月日:1988年7月25日
特技:造園技術
習得言語日本語・スウェーデン語・英語
趣味:筋トレ・肉体改造・盆栽

写真を見た後に名前を知ると、『えっ?』ってなりますよね。
見た目通り、村雨辰剛さんは元々スウェーデンの生まれで日本に帰化しています。

幼い頃から外国に興味を持っていて、英語の勉強をしていました。

勉学に励む中で村雨辰剛さんは自国スウェーデン伝統や文化を大事にせず、新しいものをどんどん取り入れる風潮に疑問を抱きます。
この頃から自分の国と違う文化の場所にいってみたいと、思い始めたそうです。

自分の国と全く違う文化、となると伝統や文化に重きを置き、大切にする文化ということになるのでしょうか。

村雨辰剛さんはインターネットで日本人と知り合い、日本語の勉強に励みます。

チャットで知り合った日本人から招かれ、16歳のとき、ホームステイで3ヶ月日本に滞在。
逗子と横須賀で生活していたそうです。

日本滞在中は、鎌倉などで神社や仏閣に足を運び、伝統的な生活や文化に触れます。
ホームステイ先が何代も続く旧家で、文化や伝統を重要視する考えに魅了され、すっかりハマってしまったそうです。

それにしても、16歳でホームステイまでする行動力に驚かされますね。

高校卒業後は日本へ移住し、スウェーデン語や英語の特技を生かした語学講師として生計を立てます。

23歳の時に、『もっと日本古来の文化と関わって仕事したい』ということで、造園業に飛び込み見習い庭師に転身。

愛知県西尾市にあるの加藤造園さんのもとに弟子入りを果たし、5年間働きます。
その後は東京の大きな会社で働きはじめ、庭師+営業のような提案もするようになりました。

 

それにしても絵になる人ですね。
この筋肉や笑顔に、女性だけではなく、男性でもファンになった方はいるのではないでしょうか?

URAKEN的にはこの庭師の格好をしているシリーズが一番グッときます。

結婚して家族はいるの?

続いては結婚にまつわる話や家族構成など調べていきましょう。

村雨辰剛さんに結婚や妻に関する情報を調べましたが、情報は出てこず・・・。
今のところ独り身のようですね。

それにしても、これだけイケメンで、素敵な筋肉の持ち主が独り身だと周りがほっとかないんじゃないでしょうか。

・イケメン
・筋肉ムキムキの美ボディー
・3ヶ国語が話せる
・日本の伝統を担う庭師

モテる要素しか見当たりませんw
いい人がいても表に出ていないだけか、もしくは、いい人過ぎて周りが勝手に諦めていきパターンかもしれませんね。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

『村雨辰剛(筋肉体操)の身長・体重や経歴は?結婚して家族はいるの?』と題しまして、送り致しました。

村雨辰剛さんの身長は182㎝、体重は不明

スウェーデン出身で日本に帰化しています。

今のとこと結婚はしていないようで、独り身の生活を送っているようです。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました