八村塁の身長や体重などのプロフィールを紹介!NBA指名の実績も!

人物
スポンサーリンク

八村 塁

もはや説明不要の日本人NBA選手

2019年のNBAドラフトでは日本初の1順目指名を受け、大きな脚光を浴びました。

今回は八村塁の身長や体重などのプロフィールを紹介していきます。

それでは『八村塁・プロフィールのススメ』となります。

Sponsored Links

八村塁の身長や体重などのプロフィールを紹介!

まずは簡単なプロフィールを見ていきましょう。

名前:八村 塁(タナカ ルイ)
出身:富山県
身長:203cm
体重:106kg
生年月日:1998年2月8日
出身高校:私立明成高等学校
出身大学:ゴンザーガ大学(アメリカ ワシントン州)
職業:NBA選手

ベナン人の父と日本人の母に持つ八村累選手は、富山県に生を受けました。

幼少期は短距離走と野球を経験。
当時はイチローに憧れていたそうです。

中学入学後は当初、どの部活にも所属していなかった八村塁選手。

抜群の身体能力に目を付けた友人が、熱烈に勧誘

八村塁選手は『絶対にバスケットはプレーしない』と言っていたそうです。

それでも勧誘し続けた友人。

この友人がいなければ、日本人初のNBA一巡目指名という偉業は、きっと達成されなかったと考えると、表彰モノです。

熱意に負けて練習に参加することとなった八村塁選手。
初めての練習で魅せた圧倒的な跳躍力。
コーチのド肝を抜きます。

「中学時代のコーチは最初の練習で目の前でこう言いました。『お前はNBAに行くんだ』。僕は若くて、バカだったので、彼の言葉を信じました。そうだ、NBAに行くんだ、ってね」
引用:八村塁、イチローに憧れた野球少年が「ルールも知らなかった」バスケを始めた理由

既にNBAに行くことを、直感させるものを、備えていたことが分かります。

第42回全国中学校バスケットボール大会では、富山市立奥田中学校を準優勝に導き、大会ベスト5にも選出。

高校は私立明成高等学校に進学

明成高等学校を運営する朴沢学園は明治12年から続く宮城県で一番古い学校となります。

偏差値39なので、入学は比較的簡単な学校ですね。


写真の通り、学校側も八村兄弟をしっかり宣伝に使っています。

一年生のときに出場した第44回ウィンターカップ決勝戦では1人で32得点を挙げてチームの勝利に大きく貢献。

翌年45回大会においても優勝に貢献し、2年連続大会ベスト5に選出されています。

高校卒業後は渡米し、2016年にゴンザーガ大学に入学。与えられたチャンスを生かし、着実に実績を残していきます。

NBA指名の実績も!

続いては八村塁選手の実績も見ていきましょう。

【中学時代】
・2012年:全国中学校バスケットボール大会準優勝/大会ベスト5

【高校時代】
・2013年
ウィンターカップ大会優勝/大会ベスト5選出
バスケットボールアジアU-16選手権の日本代表で出場

・2014年
ウィンターカップ大会優勝/大会ベスト5選出
2014年8月ドバイで行われたU-17世界選手権でアメリカと対戦
(米・122対日・38で日本はボロ負けだったが、うち25点を八村塁選手が得点
(平均得点22.6点:ランキング1位/総合得点158点:ランキング1位

・2015年
インターハイ大会優勝

【大学時代】
・2016年
公式戦初出場/9得点/3リバウンド
NCAAトーナメント1回戦/日本人初の出場
NCAAトーナメント準決勝/日本人選手初得点(3ポイントシュート)

圧倒的な実力ですね。
バスケットは5人で行うチーム戦ですが、毎年必ず実績を残しています。

特に高校時代からは日本代表選抜にも選ばれ、圧倒的な得点力を見せつけています。
まさに『格が違う』とはこのことですね。

まとめ

いかがでしょうか?

八村塁選手の身長や体重などのプロフィールを紹介となります。

身長は203cm、体重は106kg
NBAの平均身長が201cmと言われているので、特別背が高いというわけではないみたいですね。

中学時代から大学時代まで毎年実績を残してきました。
特に高校から大学までの個人得点力は目をみはるものがあります。

今後のNBAでの活躍も非常に楽しみですね。

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました