推しが武道館いってくれたら死ぬ6話の無料動画!あらすじとネタバレ

推し武道
スポンサーリンク

推しが武道館いってくれたら死ぬの6話が放送されましたね。

第5話は「ゆめ莉」のCDを「眞妃」が買って投票をしていたり、「えりぴよ」が「文」に推し変したと疑惑が流れたりと、忙しい話でした。

今回は「空音」がメインのお話

「えりぴよ」の推し変疑惑は解けるのか?

人気投票の結果がはどうなるのか?

「推しが武道館いってくれたら死ぬ6話の無料動画!あらすじとネタバレ」と題してお送り致します。

Sponsored Links

推しが武道館いってくれたら死ぬ6話の無料動画視聴方法

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第6話

まだ見ていない人や、実際に見てみたいという方には、無料で見る方法があるので紹介します。

ビデオ・オン・デマンドサービス(VOD)はU-NEXTやdアニメなど数多くのサービスが存在します。

しかし、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」はFODの独占配信なので、FOD以外は見ることが出来ません。

現在FODプレミアムは2週間無料トライアルを実施中。

6話を見逃した方はこちらから登録可能です。

↓↓↓2週間無料トライアル↓↓↓


[PR]

推しが武道館いってくれたら死ぬ6話のあらすじとネタバレ

第6話 「ぼくの全てが君だった

中学生の頃、たった一人の誰かをずっと特別に思うことなんかないと思っていた空音。しかし、『ChamJam』メンバーになってからの日々は空音の気持ちをゆっくりと確実に変えていった。れおを尊敬し、れおがセンターでい続けることを願う空音だったが、アイドルとして致命的な事件が起きてしまう…。

脚本:赤尾でこ / 絵コンテ:望月智充 / 演出:加藤峻一
総作画監督:森本由布希

引用:推しが武道館いってくれたら死ぬ公式サイトより

センターは「れお」じゃなきゃ・・・

買い物にでかけた「れお」と「空音」

2人の話題は、前列でダンスを披露した「ゆめ莉」の話に。

みんながセンターを目指すことがいいことだと言う「れお」

「空音」のセンターも見てみたいといいますが、「空音」の顔は曇ります。

理想のアイドルは「れお」だと考えている「空音」は、センターは「れお」であるべきだと考えていたからです。

1人だけを特別に想えない

Cham Jamに入る前の話

「空音」は昔のことを思い出していました。

・Cham Jam以前のグループで活躍する「れお」を見たとき、アイドルとファンがお互いが必死になったり、なられたりすることが自分には出来ないと感じていたこと。

・テニスでダブルスを組んでいた子から、突然のペア解消の話をされたこと。

自分でなくてもいい、代わりはいる。

誰か1人を特別に思うことなんて出来ない

そう考えていました。

そんなある日

「空音」はCham Jamの事務所に足を運びます。

叔母さんが勝手にCham Jamのメンバーに「空音」を応募し、合格したためです。

乗り気になれない「空音」でしたが、「れお」の歓迎を受けてレッスンに取り組むことにしました。

自分がカワイイと気付いていない『無自覚美少女』

「空音」が「れお」に抱いた思いでした。

『れおちゃんは何でも出来るね』と言う「空音」

『出来ないよ。出来るように頑張ってはみてるけど、それだけだよ』と「れお」は「空音」に返します。

「空音」はそんな「れお」に惹かれていきました。

その後メンバーは「文」、「優佳」、「舞菜」の順に増え、迎えた初ライブ

ステージは道端

観客は5人(もちろん「くまさ」は参加)

予想してはいたものの、肩を落とすメンバー達

そんなメンバー達に「れお」は武道館を目指すと宣言しました。

メンカラー制度

・「えりぴよ」がナス持ってる→紫=「ゆめ莉」に推し変

・「えりぴよ」がガードレール食べてる→白=「優佳」に推し変

・「えりぴよ」頭から桜を生やしてる→ピンク=「れお」に推し変

推し変疑惑が晴れない「えりぴよ」に、あらぬ噂が飛び交いました。

「くまさ」と「えりぴよ」が話をしていると、そこへ「基」が現れます。

「空音」のメンカラーを意識した青色の洋服

握手会に参加すると、『その服、私のこと意識してくれた?私のこと考えながら選んでくれたんだよね?』と「基」に笑顔を向けながら握手をしてくれました。

嬉しさの余り、「えりぴよ」に自慢する「基」

対抗心を燃やした「えりぴよ」は、「舞菜」の握手会に参加

しかし、言葉が上手く出てこない「舞菜」は、またもや塩対応をしてしまいます。

そして「えりぴよ」が持つ「基」からのお土産・緑色のさしみこんにゃくを見て、緑=文に推し変?と更に疑惑をすすめることとなります。

ライブ会場を後にすると

ライブ会場をあとにする「えりぴよ」・「くまさ」・「基」の3人

新デザインのグッズが発売するというので、情報をチェックする「基」

twitterで情報を探していると空音が男と歩いているところを見たという情報を見つけました。

余りのことにショックを隠せない「基」

そのままライブ会場の地下まで転げ落ちます。

「くまさ」と「えりぴよ」に相談する「基」

しかし、2人は他人の推しに全く興味がないので、話を受け流します。

食い下がる「基」に『空音はテニス部だから仕方ない』と一蹴する「えりぴよ」

ガチ恋勢の「基」は、二度とライブに来れないかもしれないと思い詰めていました。

〜同時刻〜

自身の目撃情報を発見した「空音」

目撃情報があった日は、「優佳」と一緒に過ごしていました。

どうにかして誤解を解きたい「空音」は、「優佳」にライブでの証言をお願いしますが、全く覚えていないので、証言はしないと言います。

Cham Jamという居場所を失いたくない「空音」

そこへ現れたのはリーダーの「れお」

『空音がアイドルらしくないことなんてやる訳がない。何かあったら私が守るから』と、「空音」を励ましました。

僕の全てが君だった

「基」はライブ会場に現れました。

今の自分の思いを、「えりぴよ」と「くまさ」に伝えた「基」

しかし、話が長くなったため「えりぴよ」から五・七・五でまとめるように催促されます。

『空音ちゃん・僕の全てが・君だった』

その言葉を胸に、最後のライブ会場に足を運びます。

いざ、ライブが始まると「基」に「空音」からレスが・・・。

ちょろい男子である「基」は、一気に息を吹き返し、「空音」のCD10枚を購入して握手会に向かいます。

男と歩いていたという目撃情報のせいで、「空音」の握手列は誰もいませんでした。

そんななか「基」はただ1人、「空音」の列へ・・・。

握手が始まると、「空音」は『基くん、ありがとー』と笑顔を向けてくれました。

「基」は自分の名前を話したことがなかったので、名前を呼ばれたことが不思議でした。

「空音」は以前もらったファンレターの内容から、「基」の名を知ったのです。

『言ったじゃない。私は私のことを好きでいてくれる人が好きなんだよ。だから、これからも好きでいてね』

その言葉で「基」はますます「空音」を好きになります。

舞菜に気持ちを伝えます

「舞菜」に積めない「えりぴよ」

積めないストレスから、『積ませろ妖怪』に変貌してしまいます。

『積むのが目的になってはダメ。応援する気持ちが大事なんです。』

「くまさ」の説得に目を覚ました「えりぴよ」

CD1枚に与えられた握手時間の5秒に全力を込めます。

・舞菜ちゃんの顔が好き
・ダンスと柔らかいところが好き
・一生懸命頑張っているところが好き
・私は舞菜ちゃんをずっと応援したいし、応援出来ることが幸せ
・舞菜ちゃんが存在していることが幸せ
・同じ世界に生きていることが幸せで、舞菜ちゃん大好き、大好きだよー!

「えりぴよ」は思いの丈を伝え、その思いは無事「舞菜」に届きました。

空音じゃなくて玲奈だった?

1位:「れお」

2位:「眞妃」

3位:「優佳」

4位:「空音」

5位:「ゆめ莉」

6位:「文」

7位:「舞菜」

目撃情報から、「空音」の人気は一気に落ちてしまいました。

「えりぴよ」はふと思います。

「基」の住む岡山県和気で「空音」の目撃情報があった。

それは「空音」ではなく、「基」の妹である「玲奈」なのではないかと?

「空音」と「玲奈」が似ているため、間違われたと推測しました。

この推測が濃厚と考えた「基」は喜びながら、ゲスのような発想をします。

『今真実を知っている空音推しは僕一人。そんな僕が空音ちゃんを支える展開もありなのでは?』

この発言に、妹の「玲奈」もドン引です。

さいごに

「推しが武道館いってくれたら死ぬ6話の無料動画!あらすじとネタバレ」と題してお送りしてきました。

人気投票はまだ決着付かずの持ち越しとなりました。

「舞菜」への推し変疑惑は、「えりぴよ」の5秒間の告白で解けたみたいですね。

それにしても、「空音」の対応はオタク心をくすぐります。

『私のことを好きでいてくれる人が好き』なんて言われた日には、惚れてまうやろ・・・。

次回の展開も気になります!

最後までご覧いただきまして、有り難うございます。


【PR】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました